気がついたら、異国の地、マヨルカに住み着いてました。何気ないスローライフの中にほんわか幸せを感じるハッピーブログでございましゅ☆


by yokoenmallorca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

婚姻手続き スペイン方式 つれづれ。

私は、何も考えずにこちらにきて、いきなり結婚手続きをしてしまったわけですが、
結婚手続きをしたい方が、これをもし読んでいるのであれば、
スペインの役所にしっかり情報を聞くのが一番です。

私はマヨルカのパルマ市で手続きを済ませたので、見たこともない私の書類でも、
「国によって違うからね」と理解を示してくれて、スムーズに行きました。
が、理解を示してくれない役所もあるので、「出生証明は単体で出してください!」みたいな
頑固なところもあったりします。
書いてあることおんなじじゃ~ん、と思うんですけどねぇ。
同じような証明書が、同じような形でほかの国にもあると思い込んでる方々も
中にはいるんだ、と知っておくと、いいかもしれません。

※4月から政府が変わったので、いきなり必要書類が変わったり、条件が変わったりします。
スペイン方式の婚姻の場合ですが(日本式は経験がないのでわかりません)
簡単な流れとして・・・

1.書類をそろえる 
手続き予定の役所・registro civil, matrimonio civil, ayuntamientoなど、とりあえずききまくる。
「日本人とスペイン人の結婚には、何が必要ですか?リストをください」みたいな。
メールで聞くもよし、電話でもよし。私は直接話をきくのが好きです。

→あれば何とかなるのが「戸籍謄本」と「住民票」
そのすべてに「翻訳」・「翻訳証明」・「アポスティーユ」が必要です。
(抄本でもOKですが、子連れの場合は謄本の方が、すべて記載されてるので楽チンです)」

在スペイン日本大使館(もしくは領事館)とやり取りができる時間がある場合、
戸籍謄本から「出生証明」「身分証明」など、スペイン語に直して作ってくれます。

アポスティーユがあってもなくても、日本大使館や領事館では、日本政府管轄ということで
関係ありません。
ですが、アポスティーユがないと、その後の手続きリスクが高くなったりします。
スペイン政府が「アポスティーユ付の証明書原本も提出すること」と厳しくなっているそうで、
原本(戸籍謄本日本語版)の提出を求められることと思います。

なので、必ず、スペインに渡る前に「アポスティーユ」を日本国内に滞在中になんとかしましょう。

※アポスティーユとは
日本国発行の公式証明書ですよ、という証に、
A5ぐらいの小さな紙に英語で「発行場所」「発行担当者」などが書かれてホチキス止めで添付され、
大きなスタンプがぼんっと割り印で原本に押されるものです。
それが、あるとないとじゃ、大きな差で、ないと、単なる紙切れ同然・・・

ちなみに、アポスティーユは、外務省(東京・大阪)がやってくれます。
直接いっても、その日にもらってかえってくることはできません。
郵送でもできるので、急いでいるなら、直接いって(確か翌日)直接もらうもよし、
直接いって、返信用封筒を準備して持参し、出来次第送ってもらうもよし、(速達も可。国外発送不可)
時間があるなら、家からすべて郵送でやるもよし。
「外務省・アポスティーユ」でサイト見てみてくださいね。

もし、アポスティーユなしでスペインに入国してしまったら、
ご家族や友人に代理人になってもらって、
自分の市役所から戸籍謄本と住民票を取り寄せてもらい、
アポスティーユの取得をご本人に代わってやってもらうしかありません。
私は、母にお願いしましたが、
国際郵便のEMSで1500円で5日ほどで到着します。
FEDEXは残念ですが、6000円近く払っても、日数はほぼ同じ。
(1日EMSより遅かった 笑)
困ったら、こんな手もありますが、その分タイムロスが発生します。


スペイン側の書類は、リストに基づいて、集めてください。
基本、お互いの出生証明、住民票(だいたいが過去2年間)、婚姻状態(独身か、離婚かなど)、離婚していたら離婚証明書(子供がいれば、子供の親権について、必ず聞かれます。戸籍謄本に一応は書かれていますが、訳し方に注意亜必要なようです)

書類に関しては、もう、原本と翻訳書を見せて「これでいい?これしかないのぉ」と迫るしかないです(笑)

翻訳書についてですが、やり方は2通り。
1、ご自身で翻訳して、日本大使館・領事館のチェックを受け、翻訳証明を添付してもらい、正式書類にする
(約2・3週間かかるそうです)
2、公式翻訳士に依頼してしまう。
(書類を写真添付で送れれば、メールのやり取りでもできるので、遠い場合には楽チン。所要時間1週間かかりません)

公式翻訳士に依頼する場合は、スペイン政府の公式ホームページに「公式翻訳士 traductor jurado」の全員のリストが載っています。そこから私は一人一人(といっても6人しか日本語はいませんが)に見積もりをとって、一番良心的な方にお願いしました。

書類集めが終わったら、次は相談・提出です。
[PR]
by yokoenmallorca | 2012-10-29 20:56 | 婚姻関係